スポンサーリンク

おはらい町 おかげ横丁

内宮から五十鈴川沿いには「おはらい町」と呼ばれる内宮の門前町があり、その一角(ちょうど赤福の前)に、江戸時代のおかげ参りの頃の伊勢を再現した「おかげ横丁」があります。

このエリアは、飲食店や土産物屋さんなどが立ち並び、たくさんの人で賑わう人気スポットとなっています。

おかげ横丁に行くには、内宮B駐車場が便利です。

古くから伊勢の人たちは、神に感謝する気持ちを持って生活してきました。
おかげ横丁は、そのおかげさまの気持ちで作られたとのことです。

おかげ横丁内にはベンチがところどころにあり、休憩したり、テイクアウトした食べ物を座って食べられるようになっています。

テーマパークのようですが、入場料などはなく無料
町を歩くだけでも、楽しいですよ~。

スポンサーリンク

「おはらい町」から「おかげ横丁」へ

では「おはらい町」「おかげ横丁」のおすすめのお店などをご案内しま~す。

内宮B駐車場を利用すると、まずこの内宮おかげ参道を通ります。地下道には、江戸時代の「おかげ参り抜け詣の図」が飾られています。

さぁ地下道を上がるとスグです!

古い街並みが見えてきました。
このあたりはまだ電線があります。朝9時前は、こんな感じで静かです。

まず目を引くのが、こちら。

慶光院
もとは寺院でしたが、今は神宮祭主職舎として使われています。とっても立派な建物です。年に一度、一般公開されています。

神宮道場
神職の方の研修施設。勇ましいネーミング。たのも~。

この「おはらい町」「おかげ横丁」、風情のある街並みはもちろん大きな魅力ですが、軒を連ねるお店も伊勢ならではのお店が多いのも特徴です。

ここにくれば、伊勢うどん、手こね寿司、赤福などの名物餅、ひりょうず等の練り物、黒蜜だんご、ういろうなどたくさんの伊勢の名物を味わうことができるんです。

伊勢の名物餅

伊勢には、古くからの歴史ある名物餅がたくさんあり、その多くをおはらい町や内宮前で頂けます。お土産にもおすすめです。

赤福 伊勢で一番有名な名物餅

へんば餅 米粉を使った焼き目のついた和菓子。さわ餅も人気。

二軒茶屋餅 薄皮のきなこ餅

神代餅 内宮の前に勢乃國屋のヨモギ入りの皮につぶあんの草餅。

岩戸餅 こちらもきなこ餅。

太閤出世餅
薄く伸ばしたお餅に粒あん。焼きめのあるしっかりした食感のお餅が特徴。

くうや勘助餅 もち米の米粒を残したお餅。こしあん。レンジでチンしても美味しいです。

おかげ横丁、おはらい町の人気店

五十鈴川カフェ

少し奥まったところにある五十鈴川ビューのカフェ。お店の雰囲気が素敵です。おトク感のあるモーニングは550円。トーストにはクリームのようなミルクジャムも付いてます。

だんご屋

五十鈴カフェの手前にあります。黒蜜だんごは伊勢名物のひとつです。一見フツーに黒砂糖味のお団子かと思いきや、ほんのり酸味のある不思議な味。伊勢ではスーパーにも普通に売っているメジャーな食べ物です。

みたらし団子と黒蜜だんご。(それぞれ120円)

ばん茶茶屋
無農薬のお茶。お手頃価格で、とっても美味しいのでおすすめです。

若松屋
練り物のお店。カマボコや伊勢ひりょうずが人気です。若松屋のカマボコは伊勢のスーパーなどでも販売されています。

伊勢角谷麦酒
地ビールは、自社で醸造されたオリジナル商品が販売されています。ビールという名前ですが、普通のビールとはかなり味が違います。イイ香り。

豚捨
伊勢の老舗のお肉屋さん。外宮前にもお店があります。コロッケが大人気。いつも行列ができています。

すし久
てこね寿しをはじめとした、伊勢の郷土料理が食べられる素敵な建物のお店。
てこね寿しとは、漁師さんが釣った鰹を船の上で醤油漬けにし、手で酢飯と混ぜて食べたことから名づけられたそうです。シソ、しょうが、ごま、海苔が入っていて、さっぱりした美味しさです。

伊勢うどん

ふくすけ
伊勢うどんの人気店。よく行列ができています。
おかげ横丁にあり、茶屋のようなお店の雰囲気がいいです。

伊勢うどんは、「奥野家」「岡田屋」などでも食べられます。どのお店も人気で、お昼どきは、かなり混みあいます。

その他、干物やさん、駄菓子屋さん、松阪木綿、かみしばい広場や太鼓櫓などもあり、いつもお祭りみたいで楽しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする