スポンサーリンク

天の岩戸

============================

「天の岩戸」さんは、神路山の逢坂峠のふもとにある洞窟で、付近一帯を高天原ともよんでいる。

天の岩戸神話になぞられているのも、この付近が杉の木立がうっそうとし、ひんやりとした霊気につつまれ、岩穴から渾々と清水が湧き出ている。
この流れは、禊滝と呼ばれる滝となって、たえず神路ダムに流れまんまんとただよい、水面にはお獅子岩の岩影や、緑こく育った神路山の植林のすがたをそのまま写し、志摩用水として日量31000トン、志摩住民の生活飲料水の源となっている。

また、日本の「名水百選」に選ばれていて有名である。

世界の真珠王御木本幸吉翁もかつては岩戸の崇拝者であり、昭和六年三月、当時の恵理原地区青年団員と記念の楠を手 植せられた。これが岩戸さんの中央にのびのびと育った楠で、御木本楠と名付けられている。

地元、恵理原老人会では、毎月例祭をとり行い、全国各地から四季を通じ訪れる人々でにぎわう。
============================
看板より転載

天岩戸伝説とは?

父であるイザナギに海原を治めるよう命じられたにもかかわらず、全く仕事をせずその地を追放されたスサノオノミコト。
高天原を治めていた、アマテラスのところにやってきます。
ですが、高天原でもやりたい放題の暴れっぷり。
姉であるアマテラスは何か理由があるものと、好意的に解釈していましたが、ある時、神に捧げる布を織る織り小屋に皮を剥いだ馬を投げ落とし、巻きこまれた織女が命を落とすという大惨事が!

あまりのことに、アマテラスは洞窟(天の岩戸)に引きこもってしまいます。

太陽の神が引きこもってしまったことで、世界は真っ暗闇となりました。

これは大変だ!と、沢山の神様が集まり作戦をたてました。
そして天の岩戸の前で、アメノウズメミコト(サルタヒコの奥さま)が、肌もあらわなお色気ダンスを披露したところ、集まった神々は大喝采。

洞窟のアマテラスが、「どうして世界が真っ暗なのに、みんな笑っているの?なぜアメノウズメが踊っているの?」と顔を出したところ、
アメノウズメが「アマテラスさんより、もっと偉い神様が来てくれたので、皆で喜んでます」と答え、鏡をさしだします。

鏡に映った自分を見たアマテラスは、それが自分とは気付かず、もっとよく見ようと扉を開けたとき、横でスタンバイしていた、アメノカミタジカラオがすかさず扉を開けアマテラスを外に出します。

そして世界は、また光を取り戻します。

そんな伝説の残る洞窟の水穴からは、とても澄んだ水が流れており、滝となっています。名水とあって、お水を汲んで行かれる人も多いです。(ただし、駐車場付近の看板には「生水で飲むことは控えてください」と書かれています・・・)

天の岩戸を出て、伊勢方面から志摩方面に向かって、県道32号線を走っていくと湖があらわれます。看板に書かれていた神路ダムです。神路山から流れた清水が滝になり、豊かな湖になっているんです!

滝の向かい側には、洞窟の風穴に向かって歩くコースがあります。
こちらも名前の通り、洞窟に空いた穴です。
かなり距離があり、傾斜もありますので、行かれる場合はスニーカーが良いでしょう。

このあたりの山は、昔、猿田彦の森と呼ばれており、江戸時代にはこの山を越えるルートが使われていたようです。

伊勢参宮名所図会」には、片枝の杉の大木の前に鳥居があり、そこにお参りに訪れる人の絵が描かれています。

伊勢参宮名所図会は、江戸時代(1797年)に刊行された伊勢まいりの案内書です。京都の三条大橋を出発し、伊勢に向かう途中の風景などが描かれています。今とは違う光景も多く、絵だけ見ても楽しめます。

今は、訪れる人もほとんどありませんが、この山を登っていくと「片枝の杉の大木」が、今も静かにそびえ立っています。

天の岩戸へのアクセス

住所:志摩市磯部町恵利原

伊勢道路(県道32号線)を走っていくと「天の岩戸」という看板があり、鳥居があります。この鳥居をくぐってから、さらに1kmほど進んだところに駐車場があります。
この道路には、ミラーが設置されていない場所があり、対向車も時々ありますので、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする