スポンサーリンク

内宮 子安神社

内宮の正宮に行くには宇治橋を渡り右手に進みますが、真っすぐ進むとあるのが子安神社と大山祇神社。

子安神社は、縁結び、子授け、安産、厄除けにご利益があるとされる内宮所管社です。

神社へ向かう道も美しいですが、ここには美しい女神、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)が祀られています。コノハナサクヤヒメなんて、名前まで美しいですね。

ご神体は、富士山と言われています。
そして旦那様は、天照大御神の孫、ニニギノミコト。

絶世の美女、富士山、ニニギノミコト。
なんだか、すごすぎてため息が出てしまいます。

ニニギノミコトの奥さまとなり一夜を共に過ごしたコノハナサクヤヒメは、めでたく懐妊しましたが、ニニギノミコトが「自分の子どもではないのでは?」と疑ったといいます。

これに対してコノハナサクヤヒメは、「天の神の御子であるあなたの子どもなら、どんなところででも無事に生まれてくるでしょう」と答え、戸口のない産屋を作らせました。

そしてお産の時には、出口を塞いだ産屋に自ら火をつけ、燃えさかる炎の中で三柱(みはしら)の神をもうけたそうです。

美しいだけではなく、とても激しいところもあるお姫さまです。

お隣の大山祇神社にお祀りされている大山祇神(おおやまつみのかみ)は、木花開耶姫命のお父様にあたり、全国に祀られる山々の祖神です。

こちらも独特の佇まいの神社ですので、ぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする