スポンサーリンク

伊勢うどん

何も知らずに初めて食べた人は「何コレ?」となること間違いなしです。

まず、特筆すべきは麺です。コシというものが全くありません。フワフワした極太麺がとぐろを巻いているのです。そしてこれに、黒い溜り醤油のタレが絡ませてあります。

トッピングはネギのみが基本スタイルです。このシンプルさは、見た目になかなかのインパクトです。

この黒いタレは、溜り醤油にダシ汁を加えたもので、見た目はすごく濃そうですが、食べてみると濃い味ではあっても塩辛さはなく、どちらかといえば甘さを感じるのが特徴です。

山口屋。極太、フワフワ感がかなり強い麺は自家製。昭和感あふれるお店も良いです。

かつて伊勢の農民が、地味噌のたまりをつけて食べていたうどんが改良され、お店で振る舞われるようになったのが、伊勢うどんの始まりと言われています。

伊勢うどんという名称は昭和40年代から使われ始めた名称で、それまではただの「素うどん」と言われていたようです。いいネーミングですよね!伊勢うどん。

江戸時代には、相当な数の参拝客が伊勢の地を訪れ、伊勢のお食事処はかなりの混雑だったと思われます 。伊勢うどんは今でいうファストフードのような役割も果たしていたのではないでしょうか。

どこぞのチェーン 店ではありませんが、旨い、早い、安い。そして、よく茹だっているので消化も良い。いいことずくめの優等生です。

伊勢の人で、伊勢うどんが嫌いな人は、ほとんどいないのではないでしょうか。地元の人にもずっと愛されている、すごいメニューです。

外宮 北御門そばの中むら。ダシがきいていて、万人受けする美味しさだと思います。

初めて伊勢を訪れる人はメニューを見て、シンプルすぎることに不安を覚えるのか、たいてい天ぷらなどトッピング付のものを選びたくなるようです。

個人的には、トッピングはネギのみ、お好みで一味をかけて食べるのが一番おいしいと思っています。ですのでまずは、シンプルな伊勢うどん単品のオーダーをおすすめします。

お腹の空き具合によっては、別皿で天ぷらなどを追加するのはいかがでしょうか。

そんなシンプルな伊勢うどんですが、お店によって麺のフワフワ具合や、タレの味が違います。

おいしい伊勢うどんが食べられるお店はたくさんありますので、いろいろなお店で食べ比べてみるのも楽しいと思います。

伊勢うどんの人気店

外宮エリア

中むら 伊勢市本町12-14

山口屋 伊勢市宮後1-1-18

まめや 伊勢市宮後2-19-11

起矢食堂 伊勢市尾上町 5-31

内宮エリア

ふくすけ 伊勢市宇治中之切町52

岡田屋 伊勢市宇治今在家町 31

奥野屋 伊勢市宇治今在家18

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする